恐怖がなかったら何をする?『チーズはどこへ消えた?』の感想

ビジネス
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

今日はコチラの本の紹介です↓

 

モケリン
モケリン

ページ数も94ページと少ないので、感想もサラッといきます!

 

スポンサーリンク

【チーズを探すネズミと人間の話】

 

ネズミのスニッフとスカリー、小人のヘムとホーは、いつも迷路でチーズを探している。

 

美味しいチーズを探すことが日課の2匹と2人は、ある日、迷路でチーズを発見!

2匹と2人はチーズを喜んでチーズを食べた。

 

探し求めていたチーズを発見し、安心する小人たち。

一方のネズミたちは、毎日チーズや部屋の様子を気にかけていた。

 

そして数日後、チーズは突然なくなっていた。

 

チーズがなくなっても驚かずに、また新たなチーズを探し始めるネズミたち。

一方の小人たちは、チーズがなくなったことが受け入れられず、ショックで立ち尽くすばかりだった・・・。

 

【チーズと迷路の象徴】

 

ネズミと小人が探しているチーズは、

仕事、家族、財産、健康、精神的な安定

などを当てはめることが出来ます。

 

ネズミと小人が住んでいる迷路は、

会社、地域社会、家庭

などの象徴として読むことが出来ます。

 

探し求めていた仕事が、ある日突然、なくなってしまったらどうするのか?

 

モケリン
モケリン

チーズの小話かと思いきや、結構、深い内容だったので、めちゃくちゃ考えさせられました。

 

【ネズミと小人の違い】

 

どんな時でも、現状に満足してあぐらをかくのではなく、日々に注意を向けているネズミ。

 

一方、探し求めたものが見つかったら、そこで満足して、見つけたものは無くなるはずがない!という、変な自信を持っている小人。

 

小人と同じように、何かを手に入れたり、もうすでに持っているものなど、自分が手にしているものが、自分の手から突然に消えてしまうなんてこと、あんまり考えませんよね?

モケリン
モケリン

私は現状に対しての危機感なんて、この本を読むまではありませんでした。

 

仕事、家族、健康など、当たり前に存在していると思ってたけれど、当たり前に存在しているものなんて、そもそもないのかもしれない・・。

 

モケリン
モケリン

ネズミのように、現状に満足するのではなく、未来のためにも今を注意深く観察する力が大事なんだな、と本を読んで気づきました。

 

【もし恐怖がなかったら何をする?】

 

チーズがなくなっても、チーズがあった場所から離れられず、文句ばかり言っている小人のヘムとホー。

徐々に自分の置かれている状況のままではマズイことに気づいたホーは、新しいチーズを探しに出かけます。

 

せっかく探し求めたチーズをなくし、ふたたびチーズを探すために迷路を歩くホーは、恐怖におちいります。

しかし、彼は気づくのです。

「もしも、恐怖がなかったら何をするだろうか」

ということに。

 

新たにチーズを探す旅に出ても、またチーズが見つかるという保障はない。

他のチーズは見つからないのではないか?

 

そんな恐怖心で身動きが取れずにいたけれど、もしも恐怖がなかったら、自分はチーズを探す旅に出るのではないか?

お腹も減っているし、チーズが食べたくてたまらないのだから。

 

モケリン
モケリン

この「もしも恐怖がなかったら」という言葉、臆病な私にはグサッと刺さりました。

居心地のいい現状ではなく、新たな何かを始める時って、めちゃくちゃ怖くないですか?

怖くて怖気づいて、結局何にも出来なかった・・

みたいなこと、今まで生きてきて結構ある。

 

 

モケリン
モケリン

ここで「もしも恐怖がなかったら」と考えてみたらどうなるだろう?

恐怖がないなら、やりたいことをやるだろうな、ってことにも気づいたんです。

 

 

そして新たな一歩を踏み出したホーは気づきます。

「恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる」

ということに・・。

 

【実際は想像するより怖くはない】

 

人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪くはないのだ。自分の心の中につくりあげている恐怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。

『チーズはどこへ消えた?』より引用

 

モケリン
モケリン

想像以上に怖いことって、実はそんなにないんだと、想像豊かな私も最近になって気づきました。

 

昔は、借金まみれの父親のようになりたくなくて、借金自体が怖いと思ってたこともありました。

けれど大人になって、付き合っていた人の借金を背負うことになったら、怖いとか言ってられない状況だったし、むしろ

モケリン
モケリン

「一日でも早く完済したるわ!!」

と、かなり強くなりましたからね。(当社比)

あの頃の自分が、生きてて一番強かったと思う。

 

モケリン
モケリン

そしてこのブログを始める前、WordPressとかプラグインとか言葉が全く分からないのにブログを始めたくて、1ヵ月ほど恐怖心と戦いました。(短い)

 

ブログを始めてしまった今は、そんな恐怖心なんて遠い昔のことのように思えるし、心はめちゃくちゃ軽くなりました。

まあ、未来への不安はあるけれど、それはどんなことをしてても同じだとも思います。

 

モケリン
モケリン

現状に満足して、やりたいことをやらない選択肢があっても良いのかもしれないけれど、怖くても踏み出してみたら、案外大したことなかったわ!って思うこと、やっぱり多い気がするから、何でもやるだけやってみたら良いのかもしれないな~と思うわけです。

 

【まとめ『チーズはどこへ消えた?』の感想】

 

 

モケリン
モケリン

サラッとした感想にすると始めに書いたと思うんですけど、全然サラッとしていない感想になりましたね。

むしろ暑苦しい感じ。

 

 

本自体は短いお話なんだけど、色んなことをアレコレと考えさせられるので、サラッとした感想は書けませんでした。

 

自分が今いる場所、そして、これからの未来をどう生きたいのか。

難しい話じゃなくて、自分が本当は何を望んでいるのかを、考えるのに良いきっかけをくれる本だと思います。

 

 

モケリン
モケリン

私はこの本を何度も読み返して、現状にあぐらをかかないようにしたいと思いました。

是非ぜひ読んでみてください!

 

コメント