『スマホひとつで暮らしたい』を読んで、実際にお金が貯まるポイントを見つけた!

お金の話
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

本日はコチラの本の紹介です↓

Instagramなどのお得情報を得ている人にとっては、この本の内容は聞いたことがある話ばかりかもしれません。

それでも真似してみたいことや、気になったことがあったので、本を読んだ感想を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

【無駄な出費について】

生活を身軽にすることの中に、お金の問題も含まれています。

私が気になったのは、著者の飯島さんが「無駄な出費をなくす」方法でした。

「無駄な出費をなくす」ために、飯島さんがおこなっているのは、

  • 外食は月一回まで
  • 格安SIMに乗り換える
  • 生活費をクレカ決済にしてポイントやマイルを貯める
  • 欲しいものは貯まったポイントや不用品を売ったお金で購入する

などでした。

モケリン
モケリン

私も上記のことを実践していますが、出費が減ったことを実感しています。

特に外食費は、子どもが大きくなると支出額も増えます。

モケリン
モケリン

そのため我が家では、食事を作りたくないときは、冷凍やレトルトで済ませることにしました。

外食費よりも安いので大助かりです!

 

【住宅ローンの返済について】

『スマホひとつで暮らしたい』の著者・飯島さんは、ファイナンシャルプランナーの方に相談して、住宅ローンのことなどを決めたと本に書かれていました。

モケリン
モケリン

私が気になったのは「繰り上げ返済」についてです。

住宅ローンは早く返済するべき!と考えがちですが、そうでもないんだと本には書かれています。

〈「団信」に加入している〉

まず住宅ローンを組むと「団信」と呼ばれる保険に加入します。

「団信」は、住宅ローンを組んだ本人に「もしも」のことがあった場合、住宅ローンの返済をしなくてもいいという保険のこと。

「もしも」の時は、いつ訪れるか分かりません。

モケリン
モケリン

「繰り上げ返済」をした翌日に「もしも」の事態になる可能性だってあるんですよね。

そうなるとせっかく貯めた「繰り上げ返済」のお金も、払い損になるということ。

ということで、飯島さんは「繰り上げ返済」をしないと決められたそうです。

〈ローンの金利〉

そしてもう一つ、飯島さんが「繰り上げ返済」をしない理由が「ローンの金利」です。

住宅ローンの金利よりも、利率の良い投資に資金を充てるほうが、お金を増やせるのだと本には書かれていました。

飯島さんが支払っている住宅ローンの金利は、1.3%。

投資の利率は、年間3%で運用されるものが多いそうなので、「繰り上げ返済」出来るお金があるのなら、投資に回してお金を増やすというのは良さそう。

モケリン
モケリン

実際に我が家でも悩みはしましたが、「繰り上げ返済」をせずに、「積み立てNISA」で投資を始めました。

お金に働いてもらうことを選ぶのも、一つの方法ですよね。

【旅行の知恵が満載!】

半年間のアメリカ生活をしていた著者の飯島さん。

モケリン
モケリン

もともと旅行が好きというだけあって、旅行に対する知識も『スマホひとつで暮らしたい』にはたくさん紹介されていました。

  • スーツケースに効率的に物を詰める方法
  • スキンケアグッズの持ち運び方
  • 旅しながら荷物を減らす

などなど、参考にしたいことが写真付きで紹介されているため、非常に分かりやすかったです。

モケリン
モケリン

その中でも特に気になったのが、クレジットカードの保険の話でした。

海外旅行中に事故やケガをした場合に、クレジットカードの保険が適応されたら支払額が少なくて済む!ということを、私は知らなかったので教えてもらえて感謝しました!!

と言いながら、海外に行く予定はありませんけれどもね・・。

【まとめ『スマホひとつで暮らしたい』の感想】

お金の感想ばかりになりましたが、『スマホひとつで暮らしたい』では、日常生活を身軽にする方法が色々と紹介されています。

物を持つこと、持たないこと、家事をシンプルにすることなど。

モケリン
モケリン

私も「ミニマリストになりたい」という思いはあるし、それなりに物を減らして生きてきましたが、まだまだ物欲に勝てないこともあります。

そんな反省も踏まえて、『スマホひとつで暮らしたい』のように、身軽さを追求できたらいいな、と思いました。

 

真似してみて、自分には合わなかったというものがあってもいい。

とにかく「いいな」と思ったことをまずは試してみる。

それが大事ですね。

モケリン
モケリン

ということで飯島さんの真似をして、長財布をやめて、小さい財布に変えました!

荷物は最小限にしたぞ!!

 

興味のある方は『スマホひとつで暮らしたい』をぜひ読んでみてください♪

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

コメント