失敗だらけの私が「存在給」を知って、夫の給料が上がった話。

お金
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

皆さんは「存在給」という言葉を知っていますか?

存在給」とは、存在するだけでお金をもらってもいいという心屋仁之助さんの言葉です。

コチラの本に詳しく書かれています↓

モケリン
モケリン

今回は私の失敗談と共に、「存在給」についてお話します。

スポンサーリンク

【存在給】

心屋さん曰く、

「人は何もしなくてもお金をもらっていい存在」

なんだそうです。

「自分という人間は、そこにいるだけで価値があるんだから、何もせずにお金を受け取ることに罪悪感を持たないでいい。」

この事実を知ったときは衝撃でした。

今までは、

モケリン
モケリン

ありのままの自分じゃダメだ!

何者かにならないと、お金は入ってこないんだ!

と、思っていたのですが、これはお金を受け取ることを拒否しているだけ。

「存在給」の低い人は特に、お金をもらうことが下手くそ。

お金を受け取ることに、罪悪感を抱きやすいそうです。

お金を受け取ることに罪悪感を抱くとどうなるのか、私の失敗談で紹介します。

【「存在給」の低かった私の失敗】

モケリン
モケリン

結婚してから数年後、私はパワハラ&セクハラに耐えられず、鬱状態になり仕事を辞めました。

すぐに他の仕事を探すほどの精神的な余裕はなく、しばらくは専業主婦になることにしました。

「存在給」の低い私は、仕事を持っていないことに罪悪感を抱き、

「専業主婦になったからには、家計管理や家事を完璧にこなさなければならない!」

と、考えるようになり、自分で自分を追い詰めるようになります。

モケリン
モケリン

100%の結果以外は認められず、家事に対して手を抜くことは絶対にダメ!

1円たりとも損をしないようにする!

そして仕事を辞めたのにもかかわらず、鬱状態がよくなりませんでした。

自分を責める毎日。

どうしてうまくやれないのか。

常に自分を責めていた私の怒りは、ある時から夫へと向かいました・・。

【夫の給料が減った!】

主婦として完璧な毎日を送りたいのに出来ないストレス。

モケリン
モケリン

このストレスは自分が原因だと分かっているけれど、夫の非協力的な態度にも腹が立つようになりました。

家事を何もしない(夫は汚れてても気にしない人だし、食事にも興味なし)

1円単位で節約しようとしているのに、夫は好きにお金を使っている(ように見えているだけで実際にはそうでもなかった)。

モケリン
モケリン

どうして自分ばかり頑張ってるの?

どうして自分ばかり我慢してるの?

そんな風に思い始め、夫に文句を言うようになりました。

自分で頑張ると決めたくせに、うまくできなくて夫に八つ当たりする毎日。

夫を責めて責めて責めまくったら・・・

モケリン
モケリン

夫の給料は10万近く減りました。

【心屋さんの本に出会って変化が訪れる】

妻に責められ続けた夫は、体調もおかしくなり、仕事へのやる気も失っていました。

妻のせいでおかしくなったはずの夫ですが、

「給料が減らされたのは自分が悪い」

と考えているようでした。

自分(夫)がしっかりと私(妻)の思いを受け止めきれなかったから、起こった問題だと今でも思っているようです。

 

モケリン
モケリン

我が家では、私がテンパる→夫を責める→夫の給料が減るといったことを、何度か繰り返していました。

離婚にならなかったのが奇跡です。

そしてある日私は、心屋さんの『お金を引き寄せる体質改善!』に出会います。

そこで「存在給」という言葉を知った私は、

  • とにかく現状を受け入れること
  • ありのままの自分でOKだと思う
  • 生きているだけでお金をもらってOK!
  • とにかく夫に感謝する!!!

上記のことを実践していきました。

モケリン
モケリン

すると、夫の給料は見事に上がりました!!

【まとめ】

結局子どもが生まれて働き始めた私ですが、その職場でも精神がやられてしまったので退職。

そうなってしまった自分を、最初は責めたりもしました。

しかし「存在給」のことを思い出して、今では無理をしないこと、外では思うように働けない自分のことも認めています。

モケリン
モケリン

嫌いな家事も無理にしないようにして、生きてるだけでOK!と思うようにしています。

 

現状で感じている不幸や不安は、自分が勝手に作り出しているものかもしれない。

そのことに気づいたら、自分だけでなく、周りも変わりました。

モケリン
モケリン

『お金を引き寄せる体質改善!』は、とにかくオススメの一冊です!!!

是非ぜひ読んでみてください!!!!!

コメント