読書を通して、人の話が聞けるようになる!『精神科医が教える良質読書』の感想

読書術
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

本日はコチラの本のお話です↓

 

この本は、読書が苦手な著者・名越康文さんが見つけた、読書術が紹介されています。

 

モケリン
モケリン

難しいなと感じる部分もあるので、私なりに理解できた部分だけブログで紹介します。

スポンサーリンク

【相手の話を3割素直に聞く方法】

 

「私たちは、他人の話の7割を聞き逃し、3割を誤解しているとすら言われます。」

『精神科医が教える良質読書』より引用

 

7割と3割を足したら10割だから、

モケリン
モケリン

「他人の話って全く聞いていないってこと!?」

と思ったんですけど、そういう単純な計算ではないんでしょうね、コレ。

 

しかし私自身もそうですが、多くの人が

「人の話を聞いてない」

と言われる理由が分からんでもない。

 

 

モケリン
モケリン

人間関係において、言葉の行き違いって頻繁に起こりませんか?

だいたいの人間関係のトラブルは、コミュニケーションがうまくいっていないことが理由だったりしますよね?

 

 

そんなトラブルを回避するためにも、相手の話を3割くらい素直に聞けるようにする!

それには

“読書で「聞く力」をつける”

と良いそうですよ!!

 

【自分の枠組みを、読書を通して知る】

 

 

モケリン
モケリン

誰もが自分の枠組みの中で生きているもの。

少しでも違った枠組みを持った人のことは、なかなか理解できなかったりしますよね。

 

 

著者の名越さんは本の中で、

「常に自分の枠組み内でしか人の話を聞けない人は、いくら本を読んでも、いくらすばらしい講義を聞いても学べず、成長しにくいでしょう」

『精神科医が教える良質読書』より引用

と、書かれていました。

 

モケリン
モケリン

自分が理解できることだけで世界が成り立っているように思ってしまうけど、実際には理解できないことの方が多いもの。

その理解できないものを、分からないからといって無視してしまうのは簡単。

だけどそれでは、人としての成長は、ストップしてしまうということですよね。(反省)

 

モケリン
モケリン

私も読書が苦手な人間として20歳ぐらいまで生きてきました。

その間、めちゃくちゃ狭い思考回路していたんだって、今になって気づきました。

もちろん、アラフォーになった今でも、きっと狭い思考回路の部分もあるんだけど、読書を通して心が狭すぎて窮屈だった自分は、かなり打破出来たと思ってます。(自己満足の可能性も大)

 

他人の話も頑なに聞けなかった頃もあったけど、今は割とすんなり耳に入ってくる。

モケリン
モケリン

すんなり入っても、すんなり抜けたらダメですからね、そこは気を付けてます。(右から左)

 

【「限界を超える読書」にチャレンジ】

 

モケリン
モケリン

人の話を3割聞けるようになるためには、「限界を超える読書」をすることが大事だと、『精神科医が教える良質読書』の中では書かれていました。

 

「限界を超える読書」とは、自分の理解を超えている本。

モケリン
モケリン

ということで、いわゆるベストセラーとなっている本ではないらしいです。

 

ベストセラーになっている本は、誰でも読みやすいというのが前提にあるので、非常に親切な本。

しかしそれでは自分の成長には繋がらない。

 

「自分がラクにできる筋トレをしても、筋肉がつかないのと同じです。ある程度負荷をかけないと、筋肉はつきません。」

『精神科医が教える良質読書』より引用

 

つまりラクな本ばかり読むのではなく、すぐには理解できないような本を読む習慣も大事だということですね。

 

モケリン
モケリン

正直、あんまり難しい本になると、手に取りたくない気持ちが勝ちますけどね‥。

そこを思い切って、一度は「限界を超える読書」にチャレンジしてみる。

そしたら違った世界が見られる可能性が高い!

モケリン
モケリン

ということで、理解できない本を読んでみたいと思います。(一日で挫折しそうだけど←)

 

【まとめ『精神科医が教える良質読書』の感想】

 

「限界を超える読書」の他に気になったことは、

「頭を使ったあとは、体を動かしたり、違う頭の使い方をすると良い」

という話が書かれていたことです。

 

モケリン
モケリン

体を動かすのは分かるけれど、読書や勉強をしたあとで、パズルを解いたり、将棋やボードゲームをすることは、余計に疲れそうですよね?

しかしこれが意外にリラックスにもなるとか!

 

(パズルや将棋をすることは)実は読書や勉強のときとは違う思考の分野を使っているのです。

全体的に滞りなく脳を使うことで、すごくリラックスできるという人もいるのです。」

『精神科医が教える良質読書』より引用

 

モケリン
モケリン

読書や勉強をしたあとで、さらに頭を使うことをしようと思ったことは一度もありませんが、リラックスできるというのなら、パズルや将棋もやってみたいなって思いました。

 

読書を通して、人の話が聞けるようになったり、リラックスできたら良いですよね♪

 

モケリン
モケリン

興味がある方は、一度読んでみてください!

コメント