知れば知るほど お金に差が出る! 読んでよかった 『誰も教えてくれない お金の話』

お金
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

本日はコチラの本の紹介です↓

 

スポンサーリンク

【1度挫折した過去があったけど、読み直したら良かった本】

 

 

モケリン
モケリン

実は私、この本が発売した当初(2010年頃)に1度読んでいるんですが、その時は本の内容が、うまく頭に入りませんでした。

 

著者の、うだひろえさんがお金のことを知って不安を取り除いていくのとは反対に、当時の私は読めば読むほど、お金のことが不安になっていきました。

 

その理由は・・

お金のことで知らなければならないことが多すぎる!!!

と思ったからです。

 

 

モケリン
モケリン

本の中に書かれていることを、全て覚えなければならないと思い込んでいたんですよね~。

お金に無知だった人間が、いきなりお金の知識を全て頭に詰め込もうとしているんだから、そりゃ~無理な話。

 

でも当時はそのことに気づかなくて、お金のことも面倒に思えて、そのままお金のことを考えることすらやめちゃったんです。

 

モケリン
モケリン

アホだ~。私、アホだ~。

 

 

マンガだから分かりやすいとは限らない。

難しい話はマンガにしても、難しいものなんだ。

という教訓(?)を得て、10年近く過ごしてきました。

 

しかし今回、改めて読み直してみたら・・

 

モケリン
モケリン

めちゃくちゃ分かりやすかったです!!!

 

 

【本を読んで気づいたこと】

 

モケリン
モケリン

ちなみに私が本を読んで気づいたことは、

住んでる家が賃貸ではなく、持ち家で良かった!

という点です。

 

[賃貸VS持ち家]は永遠のテーマだと以前にも書きましたが↓

 

モケリン
モケリン

夫が亡くなってしまったらね、賃貸よりも持ち家の方が良いです!!(縁起でもない話ですみません)

 

賃貸だったら、その後の家賃を支払っていけるのかどうかを、まず考える必要がありますよね。

しかし持ち家で住宅ローンを組んでいる場合、団信に加入しているので、ローンの残債を一括返済してくれる保険が適応されるんです。

つまり夫が亡くなったら、家賃の心配をする必要はないということですね。

 

モケリン
モケリン

あんまり考えたくないことだけど、子どもがいる場合、配偶者が亡くなった後のことを想定するかしないかで、不安の大きさって変わると思います。

 

残された側の生活って待ったなしなので、遺族年金のことなど、ある程度の目安があると少しは気持ちが軽くなるかなって思います。

モケリン
モケリン

うちも不安だったので、遺族年金のことは調べました!

 

【不安になる点もあるかもしれないけれど、考えるきっかけをくれる】

 

「マンガだから分かりやすいし、お金の問題に暗くならずに済む」

「この1冊だけがあれば、お金の問題はすべて解決!」

 

 

モケリン
モケリン

このように思っていると、読み終えて辛くなる可能性があります。

特に老後の不安の話とか、読んでると辛くなる人も多いのではなかろうか?

 

著者・うださんの不安を解消するために、ファイナンシャルプランナーの人が分かりやすく説明してくれてはいるんだけど、

「投資や株をして老後に備えよう」

と言われても、ピンと来ない人のほうが多いのではないだろうか?

 

2010年よりも、現在のほうが投資に対するハードルって低くなっているのかもしれないけれど、

「投資なんて分かりません」

「投資なんて怪しいし、怖い」

という人のほうが、まだまだ多いのが現状じゃないでしょうか?

 

 

モケリン
モケリン

それでも、老後の一つの選択肢として、投資について勉強してみるのは大事かもしれません。

 

本の中にも出てくるけれど、

「年老いてから働かなくても手に出来るお金として、投資は重要」

という考え方には賛成です。

 

お金の勉強をしてきて思うのは、自分が働くだけが収入ではないということ。

お金に働いてもらうという考えは、知っていても損ではないはず。

とはいえ、投資の世界は簡単に踏み込めない世界であることも確かです。

 

「怖い」と思うのは、「知らない」から。

「知らない」から勉強もするけれど、投資は実践してみないと分からないことも多いです。

モケリン
モケリン

ということで、私は現在、楽天のポイント投資をしています。

2019年4月15日現在、運用益3.6%で利益が出ています!

 

【まとめ『誰も教えてくれないお金の話』の感想】

 

「知っていて得すること」が載っているというよりも、

「知らないままでいたら、ずっと不安が続くかもしれないこと」

が載っている本だと思います。

 

モケリン
モケリン

しかし、お金の勉強を始めたばかりの人は、もしかしたら不安を解消しきれず、余計に不安になるかもしれません・・私みたいに。

 

そもそも私のように不安になる人は、この本に書かれていることを一気に実践しようとするタイプだと思います。

家計簿のこと、仕事のこと、住宅のこと、保険のこと、老後のこと、子どものこと・・

 

モケリン
モケリン

そりゃあ、これだけの問題を一気に解決しようと思ったら大変です。

非常に疲れます。

 

しかし、せっかちさんだと問題を一気に解決したい!と、思っちゃうんですよね~。(私のこと)

 

私みたいに全てを一気に解決したい、せっかちな方もおられるかもしれませんが、実際に貯蓄できる体質になってきて思うけど・・

モケリン
モケリン

貯蓄できる体質になるのって、地道にコツコツとなるしかないですね。

 

「一夜にして億万長者」とか憧れるけど、億万長者になってもお金の知識が無かったら、一夜にして全部使い切ってしまうことも出来るかもしれない。

 

モケリン
モケリン

それと同じで貯蓄が出来たとしても、使い方を間違えたら貯蓄は一瞬で無くなります。

(100万円を貯めたのに、1日で使い果たした経験者←)

 

何度も貯蓄を減らしてきた私。

自分を戒めるためにも、お金に関する本を読んでいますが、こちらの『誰も教えてくれないお金の話』は、生きるために必要なお金のことが詰まっている良書だと思います。

モケリン
モケリン

せっかちにならずに(私のように)、自分の問題を一つ一つ見ていくつもりで読めたら、とっても勉強になる1冊です!!

是非とも読んでみてください!!

コメント