超オススメの漫画!『凪のお暇』でメンタル復活しました!

メンタル
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

本日はコチラの本のお話です↓

 

あらすじはコチラです↓

いつも場の空気を読むのに必死で、「わかるー」が口癖の大島凪28歳。
ある日、元カレの一言がきっかけで
ついに過呼吸をおこして倒れてしまい…?

 

 

モケリン
モケリン

とにかく面白かったです!!!!!

この本、借りて読んだんですけど、絶対に買いです!!!

 

マンガは続きが気になるので、完結してから全巻まとめ買いする私ですが、この本は完結する前に買おうと思いました!!

 

モケリン
モケリン

ということで、簡単に感想を書いてみます。

 

スポンサーリンク

【オススメポイント① 周りに合わせてばかりの人は必見!】

 

空気を読むことを第一に考えている、主人公の凪。

周りに同調すること、いつも笑顔でいることで、誰からも嫌われないように、周囲から浮かないように生活しているのですが・・

モケリン
モケリン

これがもうね、めちゃくちゃ「わかるー」なんですよ!

 

  • お弁当を持参しているけれど、同僚にランチに誘われたら乗ってしまう。
  • 仕事を押し付けられても笑顔で受ける。

 

嫌なことを嫌とはっきり言えない人とも言えますが、周囲と波風を立てない生き方を選んでいる凪の様子が、一つ一つ胸に痛かったです。

モケリン
モケリン

私も波風を立てないタイプなのでね、思い当たることだらけでした。

 

そしてそんな空気を読んでる凪は、自分自身が嫌いです。

モケリン
モケリン

これがもうね!分かりすぎるほど分かる!!

本当は空気を読んだりしたくないのよ!

言いたいことを言いたいのよ!

でも一人になる勇気も、嫌われる勇気もないのよ!!!

 

モケリン
モケリン

と、本を読みながら一人で頷きまくりました。

 

そしてそんな苦しい中にいる凪が、ある日突然、全てを捨てます。

そこからがこの物語の本番!

 

凪と共に苦しい状況にいた読者を、また別の世界へと連れて行ってくれるのです。

モケリン
モケリン

それは楽しいばかりではなく、アップダウンの繰り返しだけど、現状で人の顔色ばかり見ていて苦しんでいる人にとって、凪の行く末はきっと何かしらの気づきを与えてくれると思います!

 

【オススメポイント② 節約料理がおいしそう】

 

 

モケリン
モケリン

凪の唯一の生きがいは「節約」です。

ということで、色んな節約法が描かれています。

 

 

特に気になるのは節約料理!

育てている豆苗で作る料理や、土鍋プリン、フライパンでちぎりパン、などなど、色んな料理が随所に登場します。

 

 

モケリン
モケリン

グルメマンガ大好きな私にとって、この簡単に出来る料理が登場するのも大きなツボでした!

出てくる料理、とにかく全部マネしてみたくなりますよ♪

 

 

グルメマンガでオススメなのは、コチラ↓

 

モケリン
モケリン

これも本当に大好きな作品です!!

 

 

【オススメポイント③ 恋愛模様も気になる!!】

 

凪が、仕事も住んでるところもスマホも、全部を捨てようと決めたキッカケを作ったのは、元カレ・慎二の発言。

この元カレ・慎二、最初から本当に嫌なやつなんですけどね、徐々に同情してしまいたくなる部分も見えてくるんです。

 

 

モケリン
モケリン

憎まれ役の登場人物かと思えば、実はそうでもないという、これがまた上手いこと物語に調和してて、気づいたらどっぷりと『凪のお暇』の世界にハマっておりました。

 

 

さらに気になるのは、凪の新しいお隣さんのゴンさん。

この男性も、凪とどういう関係になるのか、先が読めないのでめちゃくちゃ気になります!!

 

さらにさらに、周囲の人たちの恋愛模様も気になるところがあったりで、早く続きが読みたくてたまりません!!

モケリン
モケリン

恋愛マンガを久しぶりに読みましたが、一癖も二癖もある登場人物たちの行く末が、こんなにも気になるとは思いませんでした。

 

【まとめ『凪のお暇』の感想】

 

 

モケリン
モケリン

2019422日現在、5巻まで発売されています。

ネタバレしないように感想を書くのは難しいほど、物語は先へ先へと進んでおります。

 

 

とにかく女性には読んでほしい!

と思います。

 

  • 凪に共感する人
  • 凪を受け付けない人

色々だと思うけれども、それでも読んでみて欲しいです。

 

モケリン
モケリン

上手く言葉に出来ませんが、『凪のお暇』を読むと、「生きる」って、大変だけど、そんなに悪いことばかりではないんじゃないか?という気持ちになります。

 

ちょうどこの本を読む前に、久々にメンタルをやられていた私。

そんな中で『凪のお暇』を読んで、凪の生き様を読むうちに、

モケリン
モケリン

「人生ってもっと楽しんでもいいんじゃないだろうか?」

ということに気づきました。

 

何でも真面目に考えるし、完璧主義な私だけど、それだと生きているだけで辛かったり、大変になることがたくさんある。

モケリン
モケリン

どんな状況であっても、捉え方や考え方次第で、辛くもなるし、楽しくもなるということを、『凪のお暇』を読んで実感しました。

 

そんなことをつらつらと考えていたら、メンタルが復活しました!!

ありがとう!『凪のお暇』!!

 

 

モケリン
モケリン

『凪のお暇』はとにかくオススメです!!!!

まだ読んだことがない!という方、是非とも読んでみてください!!

 

コメント