メンタルが落ちたときの対処法3つ紹介します!

メンタル
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

先月末から体調不良やら何やら色々とあって、すっかりメンタルが落ちてました。

モケリン
モケリン

メンタルが落ちると、体重が減るぐらいしか良いことがないですね。

まだ本調子!とまではいきませんが、落ち込んだ時にやってみたら効果のあったものを今回は記事にしてみました。

参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

【とにかく寝る!】

メンタルが落ちると、いつも出来ていることが出来なくなります。

そうすると、出来ない自分を責めたりしてしまいがち。

しかし責めてみても、自分の辛さは変わりません。

むしろ辛さが増えるだけ。

 

モケリン
モケリン

こんな時は、とにかく寝る!

ただ寝る!!

何かをしなければならないという気持ちは捨てて、ひたすら寝る。

 

私は体調不良もあって、とにかく何もせずに寝るということを数日繰り返しました。

その結果、寝てることにも飽きてきます。

モケリン
モケリン

寝ることに飽きたら、「何かしよう」という気持ちがわくので、まずはそこにたどり着くまで寝てみるのもオススメです。

コチラの本にも同じようなことが書いてありましたよ↓

ほっしーさんの『うつを治す努力をしてきたので効果と難易度でマッピングしてみた』は、メンタルを回復させる方法がたくさん紹介されています。

「うつ」と診断されていない人でも、気分が落ち込んだ時にオススメの本です。

【昔、好きだったことをする】

寝ていることにも飽きてくると、何かをしたくなります。

モケリン
モケリン

しかしここで、「やらなければいけないこと」をすると、またメンタルがやられてしまうことが自分への人体実験の結果、分かりました。

メンタルが復活したかと思って、いつも通りの生活を始めたとしても、まだ心が本調子じゃない場合があるので要注意!

では、寝ているのに飽きたら何をするのか?

 

モケリン
モケリン

ここで質問です。

小さい頃、何の遊びが好きでしたか?

誰かに「やって」と言われなくても、勝手にやってしまっていたことってありませんか?

 

私の場合、一人っ子ということもあって、一人遊びは昔から得意でした。

幾つかある一人遊びの中から最近やっているのが、ぬり絵です。

少しずつ色がついていくイラストを見ると、楽しくなるし、全部ぬることが出来たら達成感もあります!

色を重ねたり、奥行きを出したり、といったぬり方もあるけれど、そういうの一切無視して子どもの頃のように単色でガーッとぬってます↓

 

 

子どもの頃に好きだったこと、お願いされなくてもやってしまうことというのが、「自分にとって本当に好きなこと」だと、宮本佳実さんの『やっぱりお金もラクチンカンタンがうまくいく』でも書かれています↓

子どもの頃に好きだったことを、いくつか箇条書きしてみるのもオススメです。

その中でやってみようかな、と思うものがあれば是非やってみてください!!

【推しを見つける】

先日たまたま読んだコチラの本↓

ふじたさんの『ヲタクに恋は難しい』

 

「オタク」だということを隠して生きてきた主人公は、彼氏が出来てもフラれてばかり。

そんな彼女が付き合うことになったのは、幼なじみの「オタク」。

「オタク」同士の恋愛を描いた作品です。

 

 

モケリン
モケリン

『ヲタクに恋は難しい』を読んで思ったのは、

「オタク」って楽しいんだ!!

ということでした。

 

 

仕事で辛いことがあっても、彼氏にフラれても、ハマっているものがあるだけで生きていける!

「推しが存在する」というだけで、気持ちがグッと上向きになるという感覚。

これが羨ましくて、私自身も何かハマれるものを!!

と思って見つけたのが・・・

 

 

宝塚でした!!

 

 

 

 

 

 

 

20年以上前にハマっていたのですが、また新たにハマりそうな予感・・。

 

モケリン
モケリン

「推し」を見つけると、未来が明るく見えてくるので非常にオススメです!!!

【まとめ】

モケリン
モケリン

メンタルが落ちる原因はそれぞれですが、メンタルを上げようと思ったら、やっぱり「好きなこと」をするのが一番だと思います。

ただし、いくら好きだからと言っても、無理して「好きなこと」をしたらNG!

無理すると「好き」が「嫌い」になってしまう可能性もあります。

 

何事も、ほどよい距離感で楽しめたらいいですよね。

今回紹介した方法も、試してみるぐらいの気持ちでやってみると楽しいと思います♪

モケリン
モケリン

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント