お金をかしこく使う才能とは?

お金
スポンサーリンク

 

モケリン
モケリン

皆さんは自己投資していますか?

自分が成長できると思われるものに、お金を使っていますか?

 

私は本が大好き人間ですが、自分のことにお金を使うのが苦手です・・。

そんな私が今回参考にしたのはコチラの本です↓↓

 

 

スポンサーリンク

【お金を使うことは投資!】 

著者の午堂さんは、

「お金を使うのは投資である」

と本に書かれています。

 

お金の使い方は、「その出費は自分に何をもたらしてくれるか」「じぶんはいったいどういう価値にお金を払っているのか」を面倒くさがらずにいちいち立ち止まって考えてみることが大切です

『お金の才能』より引用

  

例えば飲食。

これも自分の体に対する投資ですよね。

車にガソリンを入れなければ走らないのと同じこと。

 

リターンを生まない出費は投資になりませんから、そこには大金をつぎ込まない。払ったお金以上のリターンが見込めると思えたら、躊躇なく支払う。そういう使い方を意識してみるということです。

『お金の才能』より引用

 

 つまり、飲食は自分の体にとって必要なエネルギーなので投資の対象。

ただし、飲食に対して大金をつぎ込むのか?というと、そこは人それぞれですよね。

 

体が資本は誰しも同じ。

ただ、そこを重要だと思うかどうかは千差万別。

モケリン
モケリン

自分にとってリターンを生むのかどうか。

意識して考えたいところですね。

【確実な投資は自己投資】

どんな投資よりも確実なリターンが見込めるもの、それが自己投資です。

自己投資は、課税もされないし、他の人に奪われることもない。それに、使えば使うほど磨かれる。本当に作るべき資産とは、使ってもなくならないものであるべきです。

『お金の才能』より引用

 

モケリン
モケリン

つい疎かになってしまう自分へのお金。

しかし「投資」だと思えば話は別。

モケリン
モケリン

もしかしたら人生において、一番お金をかけるべきところなのではないでしょうか?

 

しかし・・

モケリン
モケリン

自分にお金をかけるのが大事だと分かっていても、“もったいない”って気持ちがあって・・

 という場合、午堂さんは

「自分の将来を本気で信じられるかどうか」にかかっている。

と、本の中で書かれていました。

 

モケリン
モケリン

皆さんは自分を信じられますか?

【出資バランスを考えて投資しよう】

そして、日ごろのお金の使い方を冷静に振り返るのも大事だと書かれています。

 

たとえば、住居費。

住居費というのは、たいしてリターンを生まないもの。

モケリン
モケリン

しかし毎月、数万円以上は支払っている家庭が多いですよね。

 

一方で自分を成長させてくれる本代については?

モケリン
モケリン

月に1万円も使っていたら多い方ではないでしょうか?

 これではバランスがおかしい・・。

 

本代が住居費の10分の1というのは、要するに、自分という人間は住んでいる家の10分の1しか将来価値を生まないと、自分で認めているということになります。

『お金の才能』より引用

 

モケリン
モケリン

人が生涯で稼ぐお金は、住居費よりも高いはず。

それなのに、自己投資に対して、住居費以上のお金を使っていないのが現状。

 

とはいえ、自己投資ばかりしていたら他が圧迫されるのも事実・・。

つまりは出資のバランスを考えることが先決。

モケリン
モケリン

今まで使っていた住居費や娯楽費を抑え、自己投資にあてる金額を増やせばいいのです!

【まとめ『お金の才能』の感想】

モケリン
モケリン

結局は自分を信じられるかどうかが鍵だと思いました。

自分にお金が使えないのなら、自分を信じていないこと。

 

未来を信じたい。

自分を信じたいですね。

 

自分が歩く未来だから、自分で道を作りたい。

モケリン
モケリン

ということで、私も自己投資していきます!!

コメント