自立したがる子どもを手助けする方法が描かれる本

育児
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

本日はコチラの本の紹介です↓

スポンサーリンク

【子どもは自立したがっている】

モケリン
モケリン

本の中で歳の女の子が何でも一人でやりたがる場面があります。

しかし一人で上手にできないからと、母親にいつも怒られてばかり・・。

 

どんなことでも自分でやってみたい子ども。

それを

「危ないし上手にできないから」

と言って止める母親。

 

「一人できるようになりたい」

と思っている子どもと

「小さいんだからまだ無理よ!私の言うことを聞きなさい」

と思っている母親。

モケリン
モケリン

これは我が家でも無意識にやってしまっていることの一つです。

 

このままでは子ども自身の

「やりたい」

という意欲を失わせる原因にもなるそうです。

モケリン
モケリン

では一体どうしたら良いんでしょう?

【行動で教えていく】

やりたくても上手くできない子どもに対して、大人は、ついつい口出ししてしまいます。

しかし子どもは、言葉を聞いただけでは理解できません。

 

モケリン
モケリン

聞いただけで理解しにくいのは、大人も同じかなって思います。

聞くだけで理解できないことを知っている大人は、メモを取ったりもしますが、子どもはメモをする習慣はありませんものね。

 

ではどうしたらいいのかというと↓

「ことばで教えるのでなく、黙って、ゆっくり、行動で教えるのです。」

『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』より引用

モケリン
モケリン

本の中で子どもに対して、鼻のかみかたを教える場面がありました。

そもそも鼻をかむことを、どうやって子どもに教えますか?

「片方の鼻を抑えて、ふん!として」

なんて子どもに言っても、理解してくれるかどうか怪しいですよね。

モケリン
モケリン

言葉にしてみて思うけど、これは大人が読んでも意味が分からん文章ですな(あはは)

 

本の中では、教える大人が鼻をかむマネをしていました。

言葉は無しで、鼻をかむマネだけをする。

それを見ていた子どもは、大人のマネをして本当に鼻をかむことが出来ていました!

 

モケリン
モケリン

実際に我が家でも、3歳の息子に鼻のかみかたを行動で教えてみました。

今までは言葉で説明していたんですが、鼻がかめるようにはなりませんでした。

「まだ小さいし無理なのかな?」と思って諦めていたんですが・・

モケリン
モケリン

なんと!行動だけで説明したら、すぐに出来るようになったんです!!!

言葉だけで教えていた時は、なかなか結果に繋がらずに子どもも大人もイライラしていました。

それが言葉じゃなくて、行動に変えただけで出来るようになるなんて!!

 

本の中にもありますが↓

「特に子供は耳で聞きながら同時に見ることに集中するのが難しい」

『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』より引用

「子どもは耳と目と、両方を使っての理解が難しい」

という事実を知らなかったがために、今までしなくてもいい苦労をお互いにしていたということなんですよね。

モケリン
モケリン

この事実を知れただけでも『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』を読んだかいがありました。

 

ただし!1回出来たからといって、この先もずっと出来るようになるとは限らないので、根気強く教えていく必要はあるそうです。

モケリン
モケリン

それでも、行動で示したことを子どもが実践してくれて、それが結果に繋がると親の自信になりますよね。

お悩みの親御さんは、是非とも試してみてください!!

【真面目なお母さんへの注意点】

この本ではその他にも、

  • 反抗期ではなく「敏感期」
  • 子どもは動きながら学んでいる
  • 子どもが変わる、たったひとつの道筋

など、勉強になることが書かれています。

 

子育てにとって参考にしたい内容ではあったのですが・・

モケリン
モケリン

真面目なお母さんが読んだ場合、感じることがあるかもしれないと思いました。

モンテッソーリの教育を実践しているママさんが一人描かれているのですが、そのママさんがあまりにも完璧に描かれているので、もしも子育てに悩んでいる真面目なお母さんが読んだら・・

モケリン
モケリン

うちももっと努力しなきゃダメなんだ!

と自分を責めてしまうかもしれないなぁと思いました。

モケリン
モケリン

というか、私が実際に感じたことです()

 

2歳で片付けも完璧に出来て、椅子に座って落ち着いている女の子とか出てくるので、我が子と比べて

モケリン
モケリン

自分の育児は間違っていたのかな・・?

と落ち込みました。

 

もちろんそんなことはなく、

「どんな家庭でも試行錯誤していて、子どものことを想ってがんばっているお母さんは、誰だって素晴らしいお母さんなのだ」

と本の中でも書かれています。

そうは言っても落ち込むのが母親。(ですよね?)

 

モケリン
モケリン

もっと○○していたら良かったのかな?

もっと○○しなかったら良かったのかな?

そんなことを毎日考えてしまいませんか?

 

モケリン
モケリン

後悔したり、反省したり、悩みながら生きているのが親ですよね~。

ということで、真面目なお母さんは自分を責めないように読んでください。

モケリン
モケリン

子育てに正解も間違いもないからね(←自分に言い聞かせている言葉)

【まとめ『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』の感想】

モケリン
モケリン

歳前後のお子さんの、自我の芽生えに悩む親御さんに読んでもらいたい本でした。

ただ読んだ後、私のように落ち込まないでほしいなって思います。

実際には勉強になることのほうが多いし、読んで損することは無い内容だと思うからです。

モケリン
モケリン

私も読んでる間は少し落ち込んだけど、結果的にはスゴイ本だと思ったので、こうしてオススメしています。

 

親ができることは、本のタイトルにもあるように、

子どもが自分ですることを手伝うこと!

モケリン
モケリン

先回りして何でも手出し口出しするのは、自主性を育たなくしているだけなんですよね・・

 

親って本当にヤキモキしますね~。

モケリン
モケリン

親になってから寿命が縮む思いです(←大げさ・・)

子どもとのかかわり方に迷ったら、是非とも手に取って欲しい一冊です!

コメント