後悔しない家選びをするなら100歳まで住める家を買う!『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』を読んで感じたこと

お金
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

本日はコチラの本の中に気になることがあったので記事にしてみました↓

 

スポンサーリンク

【家は買うのか、賃貸か】

 

モケリン
モケリン

本の中で「家」の購入は必要だと書かれていました。

 

「30年以上の老後を、家賃でやりくりするのは極めて厳しいです。」

『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』より引用

 

定年後の人生が長くなってしまった時代。

100歳まで生きると想定して、死ぬまで賃貸に住むのなら、年金から家賃を捻出することになります。

しかしそれだと厳しい!と、著者の山崎さんは本の中で仰っていました。

 

モケリン
モケリン

「賃貸VS持ち家」という話になると、お金のプロの皆さんの間では「賃貸のほうが良い」という意見が多いですよね~。

家を買うということは負債を抱えることなので、ローンを組んでまで買うものじゃないと言われる理由も分かります。

 

モケリン
モケリン

しかし私は以前からずっと疑問だったんですよ!

「死ぬまで賃貸に住むとしたら、新築物件にも住み放題♪」

という意見もあったけど、

 

モケリン
モケリン

高齢になっても新たに物件を借りることは可能なの?

一生家賃を払い続けることは、負債じゃないとしても大変なことに変わりはないんじゃないの??

 

というもの。

他にも記事にしています↓

 

この意見について、山崎さんは『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』の中で分かりやすく説明してくれました。

 

【100歳まで住める家】

 

 

モケリン
モケリン

ローンを組んでまで家を購入することについては、山崎さんも推奨されてはいませんでした。

 

やはりローンは負債なので、もしローンを組んでしまったのならば、定年までに完済することがベストだそうです。

 

家の購入については、

「定年までは賃貸で、その後、築浅中古物件を一括購入」

をオススメされていました。

 

 

モケリン
モケリン

家にも寿命があるので、早くに購入してしまうと、自分たちが年老いてから、大幅なリフォームが必要になったり、修繕が必要になったりするそうです。

 

35歳で購入した家に90歳まで住んだとしたら、55年間暮らすことになります。

その間に、一度も修繕せずにはいかないということですね。

 

 

モケリン
モケリン

35歳で家を購入するよりも、定年後に一括で購入するほうが、自分たちが死ぬまでは持ってくれる家を持つことが出来、ローンの心配もなくなるということでした。

 

60歳で購入して90歳まで住むと仮定すると、30年間暮らす家ということになります。

55年間暮らすよりは、修繕しなくてもいい可能性が高いですね。多分。

 

【我が家も修繕しました】

 

 

モケリン
モケリン

家に寿命があるという話は、築20年の中古物件を購入している我が家にも耳に痛い話でした。

 

確かに家は20年を過ぎたあたりから、アレコレと修繕が必要になってきます。

 

 

モケリン
モケリン

我が家でも最近、配水管の工事をしてもらったばかりですが、費用は10万円ほどかかりました(チーン)

 

配水管以外にも、気になる点が幾つかある我が家。

 

モケリン
モケリン

家の内外、全てをきちんと直そうと思ったら、修繕費がいくらかかるのか・・考えただけで恐ろしくて考えたくない(ガクブル)

 

 

こういった不安は、賃貸だとないですよね。

 

モケリン
モケリン

アパートに不備があったら、大家さんにお願いすれば直してもらえるわけだし(たまに自己負担になる場合もあるけどね←払ったことが何度かある)

 

 

【とにかくお金を貯めることが必要】

 

 

モケリン
モケリン

賃貸にしても、持ち家にしても、とにかくお金がかかることはどちらも同じだとは思います。

 

 

定年後に一括で家を購入する場合、家賃を払いつつも、家の購入費を貯める必要がある。
持ち家の場合も、住宅ローンを返済しつつ、繰り上げ返済費を貯める必要がある。

 

 

モケリン
モケリン

どちらにしても、お金を貯めることが必要不可欠ということになりますね。

 

 

 

モケリン
モケリン

この「賃貸VS持ち家」のテーマは永遠のテーマだな~。

家庭それぞれの事情で違いますもんね。

 

ちなみに我が家では、

  • 賃貸よりも持ち家にした方が月々の支払額が減った
  • ペットがいる(ペット可能物件が少ない地域に住んでいた)
  • 親との同居を考えていた

という理由で、家を購入しました。

 

あ、ペットって言っちゃったけど、家族です。

愛犬は家族です。

 

愛犬
愛犬

何やねん急に。

オチのない話で呼んだら恥ずかしいやんか(照)

 

 

【まとめ『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』の感想】

 

『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』の中には、本のタイトルにあるように

「もっと早く教えてくれよ」

と思うお金の話が私にはありませんでした(残念)

 

最近はお金に関する情報がネットで出回っているおかげで、私も耳年増じゃないけれど、情報にだけは詳しくなりつつあります。

 

モケリン
モケリン

ただネットの情報が正しいわけではないので、こうしてプロの目から書いた本として販売してもらえることは、とってもありがたいな、とは思います。

(でも、「本に書かれているからと言って全てが正しいわけではない」という意見もあるので、本の内容を信じる、信じないは自分の判断になるんだけどね。)

 

モケリン
モケリン

そしてこういった本を読むといつも思うんですが、情報を仕入れたのならば実践していかないと意味がないですね。

耳年増、反省。

 

節約法や投資などに興味はあるものの、なかなか重い腰が上がらない。

まずは、お金に関する情報を仕入れる前に、自分の重い腰を上げることが、一番のお金の増やし方だなと思いました。

うん、今日イチで良いこと言ったわ。

こうしてたまに良いこと言うんですよ、私。(ドヤ!)

愛犬
愛犬

・・・うん。自慢になってないで?

 

 

『読んだら「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』には、投資や年金の話も書かれているので、

「これから投資をしたい!」

「年金ってどうなるの?」

と、気になる方は一度読んでみてください♪

コメント