冷えとり靴下が破れた!毒出し成功した話。

健康の話
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

冷えとりを始めて1ヶ月半ほど経ちました。

モケリン
モケリン

昨日、初めて靴下が破れました!

ということで、今日は冷えとりの効果の話です。

 

スポンサーリンク

【冷えとりの効果を実感中】

<靴下が破れた!!>

モケリン
モケリン

冷えとりをゆるく実践して早1ヶ月半。

半身浴は出来ないときも多々ありますが、靴下の重ねばきだけは24時間実践しています。

昨日も、いつものように靴下を履こうとして靴下を見たら!なんと!!破れてる!!

コレです⬇

分かりますか?

ちょうど、かかとの部分が破れてるんです。

モケリン
モケリン

写真では伝わりにくいかもしれませんが、割と派手に破れていたのでビックリしました。

<靴下の破れた場所>

靴下が破れたということは、そこから毒が出たということ。

モケリン
モケリン

そして靴下が破れた場所によって、自分の体のどこが悪かったのかを知ることが出来るそうです。

ちなみに私は、かかとが破れているので、性器、腹膜、腎臓などが悪かったようです。

コチラの画像が分かりやすいです⬇

ちなみに上の画像は、コチラの本の中に書かれています⬇

※冷えとりをしたからといって、靴下が必ず破れるわけではないそうです。

 

<「汗吐下」を実感した>

モケリン
モケリン

冷えとりを始めてからすぐに、腹痛と戦っていた私。

とにかく下痢が酷くて、めちゃくちゃ大変でした。(汚い話ですみません)

 

コチラの記事にも書いています。

 

下痢は毒出しの一つ。

『これが本当の「冷えとり」の手引書』の中には、「汗吐下」(かんとげ)という言葉がありました。

「汗吐下」とは、東洋医学の言葉で意味としては、

「病毒が表面にある時は汗にして出す、中へ浸み込んでいる時は吐いて出す、深く入り込んでいる時は下痢にして出す。」『これが本当の「冷えとり」の手引書』より引用

このように書かれていました。

冷えとりをしていると、汗がやたら出たり、吐き気があったり、下痢が続くといった形の瞑眩(めんげん)があるそうです。

 

私は冷えとりをする前、3日に1日の割合で、酷い腹痛があり苦しんでいました。

声も出なくなるほどで、そのまま意識を失うかと思ったことも何度もあります。

モケリン
モケリン

助けを呼びたくても声が出なくて、ひたすらトイレで耐えるということをずっと続けてきました。

 

しかし現在、冷えとりを始めてしばらくは下痢との戦いでしたが、下痢が落ち着いてからは腹痛に悩んだことは無し!

私の体に深く入り込んでいた毒が、外に出たのかな?と嬉しく思っています。

モケリン
モケリン

瞑眩はひたすら耐えるしかないようなので、下痢止めを飲むでもなくひたすら耐えましたが、耐えたおかげで、今はすっかり元気なので冷えとりには感謝しかありません。

 

ただ、毒って生きている限り、ずっと溜まり続けるらしいんですよね。

だから冷えとりを止めると、また不調がやってくるそうなので、冷えとりは一生続けていくのがいいそうです。

モケリン
モケリン

正直、靴下の重ね履きを面倒と思ったりすることもありますが、腹痛の苦しみに比べたら屁でもないので、私は冷えとりを一生続けていきます!!!

〈まとめ〉

冷えとりの効果を実感したといっても、まだ冷えとりを始めて1カ月半。

半身浴はなかなか思うように出来ないことが多いし、きちんと行っているのは、靴下の重ね履き&レギンスを履くことだけ。

モケリン
モケリン

それでも効果を実感できたので、現在不調で悩んでいる、そこのあなた!!

ぜひ冷えとりをやってみてください!

 

ちなみに私が使っている靴下はコレです↓

 

 

レギンスがセットになっているのはコチラ↓

 

 

モケリン
モケリン

私はレギンスのセットを2つ、靴下のみを2つ購入しました。

洗い替え用に何着かあると安心です。

ちなみに靴下は、破れても縫えば問題ないそうなので、私も敗れた靴下を縫って履いてます。

 

また別の効果があったら、ブログ記事にしたいと思います。

モケリン
モケリン

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント