休み方が下手な人に最適な本!『がんばりすぎない休み方』

メンタル
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

本日はこちらの本の紹介です↓

 

モケリン
モケリン

自分をラクにするヒントが64個も紹介されていました。

その中でも個人的に気になったものを3つ紹介します。

 

スポンサーリンク

【不調をホルモンのせいにしてみる】

『がんばりすぎない休み方』の58番目に、

「調子が悪いときもある」と認める

と、書かれていました。

モケリン
モケリン

常に元気いっぱいで、毎日が絶好調!という人はいませんよね(多分)。

体調不良だったり、イライラしていたり、ネガティブになっていたり・・

日々いろんな感情とともに過ごしているはず。

 

モケリン
モケリン

だからこそ、思うようにいかないときもある。

そんな時は↓

イライラや欝々とした気持ちを、キャラクターに変えて距離をとってみましょう。

「ホルモンちゃんが今日は元気だから、私の体がぐったりしてるんだ!もうしょうがないよね!」

こんな風に自分を責める気持ちが落ち着けば、もやもやも少しは晴れてきます。

『がんばりすぎない休み方』より引用

と書かれていて激しく同意しました。

私が『がんばりすぎない休み方』を読んだ時が、ちょうどホルモンバランスの崩れの時期で、うまくいかない自分にまさに落ち込んでいた時だったんです。

モケリン
モケリン

本に書いてあるように、「ホルモンが元気だから仕方ない」と諦めたら、気持ちがちょっとすっきりしたので、この方法はオススメです。

【必要なものでも増やしすぎない】

  • 部屋が散らかっている
  • 不要なものを買い込んでしまう

といったことって、誰でも心当たりがあるのではないでしょうか?

時間と心が整理されていないときに起きがちな、心の乱れのサインなんだそうです。

モケリン
モケリン

そして心が乱れてしまうと、なんと趣味のものも必要以上に増やしているんだとか!!

いろんな方を見てきて共通するのは、本や服や趣味のものは、心が乱れているときに増えがちということ。

でもいっぱいいっぱいなときに物を足しても、活かしきれないのは考えればわかることです。

『がんばりすぎない休み方』より引用

私自身、本を大量に購入しているときと、そうでないときがあることに『がんばりすぎない休み方』を読んで気づきました。

モケリン
モケリン

生理前などホルモンバランスの乱れの時期には、何かしら購入したくなっているんですよね・・。

欲しい気持ちに従うよりも、まずは自分の心と向き合って、今の自分には余裕がないのではないか、ということを考えていきたいなと思いました。

【共感することの意味】

「共感」という言葉を聞くと、つい「同調すること」のように思っていました。

しかし『がんばりすぎない休み方』には、「共感」とは

「相手が持つ自分と違う気持ちや考えを区別した上で、理解すること」

と書かれていました。

モケリン
モケリン

私たちは「相手に同意できない=共感できない」と考えてしまうようですが、これは自分と相手が「違う」ということを拒絶したい、私たちのエゴなんだそうです。

そして、

自分と違う相手をジャッジして拒絶するのをやめれば、相手に対して腹が立つこともありません。

『がんばりすぎない休み方』より引用

とも書かれていました。

誰かに対して腹を立てるのは、自分が正しいと思っている自分のエゴでもある、ということ。

自分と相手の違いを認めるだけで、怒りが減るのならば、違いを理解したいですよね。

モケリン
モケリン

特に親は、子どもを自分のもののように考えていることが多いけれど、自分と子どもは違うということを理解するだけで、怒ってしまうことが減ると思うので、違いを理解していきたいと思います。

【まとめ『がんばりすぎない休み方』の感想】

自分をラクにするヒントが64個も紹介されているわりに、一つ一つの紹介文が短いので、あっという間に読めます。

モケリン
モケリン

すぐに実践できるものばかりなので、忙しい人に最適なリラックス本じゃないかと思います。

普段の生活を快適にする方法や、自分を労わること、仕事での休息方法や、人間関係を円滑にする方法などが紹介されていました。

モケリン
モケリン

本の内容を一つ一つ実践していくことで、自分の内面をやわらかくして、楽しく過ごすことができそうなので、自分に疲れているという方には特にオススメです!

気になる方は手に取ってみてください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

コメント