口を開けると音がする「顎関節症」に効果のあるエクササイズがありました!!

健康の話
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

突然ですが、口を開けるときに「ポキッ」「ジャリジャリ」という音がすることってないですか?

私はもう20年以上も、この音に悩まされてきました・・。

 

 

モケリン
モケリン

口を開けるときに音がするのは、「顎関節症」というらしいです。

今日はこの「顎関節症」に効果のあったエクササイズの話をします。

 

 

スポンサーリンク

【あごの音の原因と対策】

〈長年悩んだ「口の音」に効果があったエクササイズ〉

モケリン
モケリン

私は小学生くらいの頃から、口を開けるときに「ボキッ」「カクカク」というような音がしていました。

何か対処法はないかと思っていたら、偶然コチラの本を見つけました↓

 

本の中で、「顎関節症」に効果のあるエクササイズが紹介されていました!!

モケリン
モケリン

『自分で治す!顎関節症』の中で、紹介されているエクササイズを全てここに書くのはNGだと思うので、一つだけ紹介してもいいですかね?

愛犬
愛犬

誰に聞いてんねん。

モケリン
モケリン

私が試して効果のあったエクササイズはコチラです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のエクササイズを、1~2分程度、長くても3分程度まで行うといいそうです。

あごがゆるんだと感じることができれば、30秒ぐらいで終わってもOKなんだとか。

 

 

モケリン
モケリン

このエクササイズをしたあとで、大きな口を開けてみたら、あごの音がしませんでした!!

めっちゃ嬉しかった!!!

 

とはいえ、このエクササイズを1回やったぐらいで「顎関節症」が完治するわけではありません。

上記のエクササイズは、あごへの疲労をリセットするために、毎日1日の終わりにやるのが良いようです。

〈そもそも何故、「顎関節症」になるのか〉

モケリン
モケリン

エクササイズをするのは良いけれど、「顎関節症」になる原因を知っておくことも大事ですよね。

「顎関節症」の原因は一つではなく、

  • 片側ばかりで食べ物を噛む
  • 虫歯がある
  • 食いしばりや歯ぎしりのクセがある
  • スマホなどで前傾姿勢になることが多い(あごに力が入る)

などなど、こういったことが原因となって、「顎関節症」が引き起こされたりするそうです。

 

モケリン
モケリン

予備軍も含めて、2人に1人が「顎関節症」になっている『自分で治す!顎関節症』では書かれていました。

「顎関節症」になると、

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 手足のしびれ

など、たくさんの不調が引き起こされてしまうそうです。

 

「顎関節症」は、歯科やカイロプラクティックなどへの通院をすることが望ましいようです。

虫歯を治療したり、カイロプラクティックで体のゆがみを整えたりすると、「顎関節症」も治るそうですよ。

モケリン
モケリン

しかし歯医者さんって、何歳になっても行きたくない場所ですよね~。

〈あごをゆるめることが大事〉

「顎関節症」を改善するためには、とにかく“あごをゆるめる”ことが重要のようです。

私も常日頃から、歯を食いしばることが多く、常にあごに力が入っています。

モケリン
モケリン

これが痛みや疲れの原因なので、普段から、上の歯と下の歯をかみ合わせたままにしないようにしようと思いました。

 

『自分で治す!顎関節症』の中でも、口をポカーンとあけるエクササイズが紹介されています。

モケリン
モケリン

「顎関節症」ではない人でも、この口をポカーンとあけるエクササイズはオススメです!

自分では無意識でも、ついつい体には多くの力が入ってしまうもの。

あごのためだけでなく、心身のためにもリラックスすることが重要。

 

モケリン
モケリン

不調とはお別れしたいと思うならば、まずは全身の力を抜きましょう。

レッツ!自堕落!!

 

〈まとめ『自分で治す!顎関節症』の感想〉

『自分で治す!顎関節症』の中で、

「私のカイロプラクティック・オフィスにおいても、腰痛やひざの痛み、あるいは耳鳴りやめまいなど、一見あごとは無関係と思われる症状でいらっしゃった方で、あごに全く問題のなかった方は、実はいままでにひとりもいませんでした。」『自分で治す!顎関節症』より引用

と書かれていました。

そしてあごを整えたら、体のバランスが整って、全身のバランスも整うといった症例も多かったそうです。

モケリン
モケリン

あごって思ってる以上に、体にとって重要な部位だということですよね。

 

そしてストレス社会のおかげで、歯の食いしばりや歯ぎしりが増え、その結果あごに大きな負担をかけてしまい、体の不調がどんどん誘発されるという悪循環。

モケリン
モケリン

自分の不調とは一ミリでも距離を置きたいので、“あごをゆるめる”ということを意識してやっていきたいと強く思います!!

 

『自分で治す!顎関節症』は、「顎関節症」の専門的な知識を簡単に分かりやすく教えてもらえる良書でした。

対処法も、イラストとともに紹介されているので実践しやすいです!

 

モケリン
モケリン

私と同じように「顎関節症」で悩んでいる方には、是非とも手に取ってもらいたい一冊でした!!!

超オススメです!!

 

モケリン
モケリン

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント