『クリスマスのフロスト』の感想ネタバレなし!ミステリー好きにはオススメ!

小説
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 

本日はコチラの本の紹介です↓

 

 ※この記事はネタバレしていません

スポンサーリンク

【あらすじはこんな感じ】

 

 

モケリン
モケリン

日本では1994年に発売されたこの本!

ミステリー好きならば知らない人のほうが少ないかもしれませんね。

 

 

あらすじはコチラ↓

 

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。

 

 

 

モケリン
モケリン

とても分厚いので、今まで読むのを躊躇していました。

しかし読んでみたら、あっという間だったし、とっても面白かったので、もっと早く読めばよかった!!と思いました。

 

 

少女の失踪

銀行の扉を開けようとする人

その他にも次々と事件がフロストの前に現れるので、退屈している暇がない作品でした。

 

モケリン
モケリン

トイレに行くタイミングを失うほどです。

あ、別にもらしてませんよ。

 

愛犬
愛犬

そんな申告はいらんわ

 

【フロスト警部シリーズは6作品あります】

 

モケリン
モケリン

このフロストシリーズは6作品発表されています。

 

1作目『クリスマスのフロスト』

(『このミステリーがすごい!95年版』4位)

 

2作目『フロスト日和』

『このミステリーがすごい!98年版』1位)

 

3作目『夜のフロスト

『このミステリーがすごい!02年版』2位)

 

4作目『フロスト気質(上・下)』

『このミステリーがすごい!09年版』2位)

 

5作目『冬のフロスト(上・下)』

『このミステリーがすごい!14年版』3位)

 

6作目『フロスト始末(上・下)

『このミステリーがすごい!18年版』1位)

 

 

モケリン
モケリン

全ての作品が『このミステリーがすごい!』でランクインしていました!!

スゴイなフロストシリーズ!!!

さらにTVドラマにもなっているようです↓

 


 

モケリン
モケリン

フロストの声を大塚明夫さんが演じておられるそうです。

 

大塚さんと言えば、ムーミンパパとかムーミンパパとかムーミンパパの声で有名ですよね!

愛犬
愛犬

他にも有名な作品あるやろ。

 

モケリン
モケリン

ムーミン大好きなので、このフロスト警部のTVドラマもかなり気になります!!

 

(ドラマの内容うんぬんよりも、声優さんで見るか見ないかを決める女)

 

【『クリスマスのフロスト』の感想】

 

モケリン
モケリン

このシリーズを手にする前に、フロストが下品で横暴で不潔だという予備知識があったんですが、そこは全く気になりませんでした。

むしろ、こういう下世話なこと言うおじさんって少なくないし。

私は下ネタに対して、前向きに乗っかっていくタイプなので、そこは無問題!

 

それよりも何よりも、目を背けたい描写がいくつかあって、そっちのほうが気になりました。

ああいうことする人って本当に無理・・。

モケリン
モケリン

本気で怒りしかなかったです。

 

そしてラスト。

次の作品を手に取りたくなるように出来ているのがうまい!

 

モケリン
モケリン

すっかりフロストのファンになってしまった私は、このシリーズを読破しようともくろんでいます。

シリーズとして「もっと続いてて欲しかった」という残念な気持ちもあるんだけど、あと5作品を心から楽しみたいと思います♪

 

 

モケリン
モケリン

ミステリー好きにはオススメ!

ですが、ミステリー好きなら読んでいる人のほうが多いですよね。

 

 

面白いと言われる作品は、ネタバレを目にする可能性も高くなるので、早めに読むのが良い!!

ということで、作品を楽しみつつ、ネタバレを避けつつ、シリーズを読んでいきたいと思います。

 

モケリン
モケリン

気になる方は手に取ってみてください♪

コメント