【オススメ本3冊】読書についての本

読書術
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうもモケリン@mokerin1です

 本日は読書について書かれた本の中で、個人的なオススメ本を3冊紹介します。

スポンサーリンク

【オススメ①『読んだら忘れない読書術』】

 最初はコチラです↓

 以前記事にもしました↓

 

本を読むことで、ストレスや悩みにわずらわされることが少なくなるという、この発想にすごく救われました。

 

自分が直面する悩みは、必ず過去の誰かが経験したこと。

その悩みに対処した先人たちが、本という形にして残しておいてくれているので、私たちは本を読むだけで、悩みに対する対処法を知ることが出来るというわけです。

モケリン
モケリン

これって結構ラッキーですよね♪

一から対処法を考えるのって絶対に疲れるからね。

悩んでいるヒマがあったら、本を読んだほうがいい。

そうして今日も私は、本を手に取っている・・

と思ったけど、ただ本が好きなだけでした(あはは)

【オススメ②『レバレッジ・リーディング』】

 お次はコチラです↓

1500円の本1冊から得た知識は、将来100倍になって返ってくる。

◎「本を読む時間がない」はただの言い訳。本当は「本を読まないから時間がない」。

 など、読書をしていて良かったな~と思える内容で、読書をしない人よりも、読書の習慣がある人にオススメの本です。

 

同じジャンルの本は、理解するために何冊も読んだ方が良い。

しかし、一度読んだ本は二度と読まない!(メモを残しておいてメモを読み返すだけ。名著は何度読んでも良い)

など、本を読んで理解を深める方法も参考になりました。

モケリン
モケリン

ビジネス書を読む人には、とってもオススメです♪

 

【オススメ③桜庭一樹さんの読書日記シリーズ】

 これは読書術でも何でもないんですけど、本を読むことってやっぱりいいな~と思わせてくれる大好きなシリーズです!!!

 

お風呂で本を読む場合はのぼせたらいけないので軽いエッセイなどにしたり、欲しいと思った本が1万を超えていて買うのをめちゃくちゃ悩んだり、面白い本を読んでその著者の別の本が気になり始めたら夜遅くても本を買いに家を飛び出したり。

モケリン
モケリン

本好きとしては「分かる!!」と思うことがたくさんあって、読んでて楽しいです♪

 

「本を読まないと小説が書けない」という桜庭さん。

私も「枕が変わると眠れない」とか言ってみたい。

愛犬
愛犬

どういうことやねん。

勝手に言うたらええやんけ。

 

【まとめ】

モケリン
モケリン

いや、まとめることなんか無いんですけどね。

この記事を読んで、「読書って最高だぜ!」ってことが少しは伝われば幸いです。

いや、むしろ全く伝わらなくても大丈夫です。

心で泣いておくから。

愛犬
愛犬

全然大丈夫ちゃうやんけ。

 

モケリン
モケリン

私自身、読書をするようになったのは20歳を超えてからなんですけどね、もっと早く本を読んでたら良かったな~って思います。

言葉にしにくい生きづらさみたいなものが、読書をすることによって軽減していると思うんですよ。

 

何か分からんけどモヤモヤするときがあってもいいんだけど、そのモヤモヤをずっと引きずるよりも、

「そのモヤモヤは胃もたれですよ。お菓子の食べ過ぎです」

とか言われた方が、ラクになるんですよね。

愛犬
愛犬

モヤモヤしてんのは胃もたれかい。

例え出すんなら何か別の悩みとかにしとけよ。

なので読書はオススメです!

あ、読書っていうのは本を読むことね。

愛犬
愛犬

そこは噛み砕いて言わんでも分かってるから。

 

モケリン
モケリン

一緒に読書でラクになりましょう♪

コメント