子育てしてみて分かった!求められるのは「ダメ母」だった!

育児
スポンサーリンク
モケリン
モケリン

どうも!モケリン@mokerin1 です

本日参考にしたのはコチラの本です↓

 

 

モケリン
モケリン

以前このブログで、心屋さんの本の話をしました。

人間は生きてるだけでOK!なんだから、働かなくてもお金をもらっても良いんだよという話↓

 

 

今回も軸となっているのは同じで、

「人間は存在しているだけで良い」

「子どもも存在しているだけで良いんだから、期待せずにありのままを受け入れよう」

という内容でした。

スポンサーリンク

【存在しているだけでOK】

「子どもの出来ないところを見るのではなくて、出来ることを見つける」

 

モケリン
モケリン

これは育児本で必ずと言っていいほど出てくる言葉ですよね。

 

出来ていないことを注意されて

モケリン
モケリン

「すっごく嬉しい!!」

という人はいませんよね~。

(あ、そういう趣味をお持ちの方は話が別ですけど)

 

だから、子どもが出来ていること、得意なことに目を向ける。

そうすると、親も子どもも嫌な気持ちになることが減る。

 

モケリン
モケリン

分かっているけれども、これがまぁ難しい・・。

 

心屋さんは、子どもが出来ること、出来ないことも関係なく、

「この子はこれで良い」

「この子はこのままでいい」

認めることが、「母からの呪い」をといてくれると、仰ってました。

【母からの呪いの言葉】

そもそも子どもに口うるさく言うのは、

「お母さんが思う理想の我が子」

「お母さんが思う理想の子育て」

が、あるからなんだとか・・。

 

モケリン
モケリン

そして、そんな理想があると、子どもに対してこんな声掛けをしてしまうそうです↓

 

「いい子だね」

「素直な子だね」

 

モケリン
モケリン

この言葉の何が悪いの?

と、思ってしまいますが、「いい子」や「素直」というのは、親が勝手に決めたことであって、親にとって都合のいい子、親にとって素直な子であるということなんです。

 

 

そして、上記のような声掛けをして育てられた子どもは、自分が親になった時に、自分の子どもにも同じ声掛けをして育てていくのだとか・・。

こうして母親が作った呪いは、ずっと続くことになるのだとか・・。

モケリン
モケリン

ちなみに下記のような言葉も「母からの呪い」の言葉になるそうです。

「ちゃんと」

「しっかり」

「早く」

「迷惑かけない」

私は、めちゃくちゃ無意識に言ってしまっています。

無意識に言ってるということは、上記の言葉を、自分が親から言われて育っているという証拠。

モケリン
モケリン

無意識だから簡単にはやめられないかもしれないけれど、意識して今すぐにでもやめたいと思います!!

 

【どんな状態の子どもも受け入れる】

モケリン
モケリン

母親が子どもへ呪いをかけないように、そして今までかけてしまった呪いをとくには、

 

  • 深刻に考えない(大丈夫)
  • そのまま受け止める(そっか~)
  • 一緒に笑っちゃう(~笑)

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

モケリン
モケリン

 子どもには、上記のように接すると良いそうです。

 

子どもが勉強しなくても、

「勉強しないんだ、そっか~」

と言って笑う。

 

子どもが片付けなくても、

お母さんは笑っちゃえばOK!

モケリン
モケリン

って、これはめっちゃハードル高いんじゃないですかね()

勉強しなかったら笑ってられないんじゃないですかね()

片付けなかったら怒りたくなりませんかね()

 

愛犬
愛犬

汗かきすぎやろ。

 

モケリン
モケリン

どんな状態の子どもも、笑って受け入れるのか・・

どんな時も笑うなんて、顔の筋肉が痛くなりそう・・

 

 

愛犬
愛犬

気にしてるところがおかしい。

 

【笑うよりも責める方が簡単】

モケリン
モケリン

怒っている人より、笑っている人の方が好き。

これは誰でも当てはまることだと思います。

(怒ってる方が好き♡という趣味の方もおられますけどね)

 

特に笑ってくれて嬉しいのがお母さん。

母親の笑顔に勝るものってないのかなって、私も子育てしていて実感しています。

私が笑うだけで子どもたちは大喜びだし、何よりも精神的に安定してくれています。(と勝手に解釈している)

モケリン
モケリン

私は笑ってるだけなのにね、すごいことだよね。

 

でも笑うのが大変なのも事実ですよね。

モケリン
モケリン

育児してたら、笑えない時の方が多いですもんね。

 

そもそも「笑っちゃう」ことは、強くてしなやかなハートがあってこそできる、高度な技術なのかもしれません。笑って認めるよりも、自分や他人を責めることや、がんばることのほうが簡単です。

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

 

モケリン
モケリン

責めることの方が簡単なんですってよ、奥さん!

だから子どもたちを無意識に責めてしまうんだな~。

 

責めるほうが簡単なのに、その簡単なほうを選んでいたわりには、親も子どももラクになっていない。

モケリン
モケリン

ラクな道ほど、後がしんどいということでしょうかね。

【努力に逃げない】

目の前の子どものことや自分に起こったことを、

その事実のまま受け入れる

のには、すごい勇気が必要ですし、しんどいことでもあります。だから、

「努力して改善しよう」

「がんばって変えちゃおう」

とするのだけれど、それは、

「目の前のことを受け止められず、努力に逃げている」

ことにすぎません。

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

モケリン
モケリン

頑張ることが当たり前って思ってませんでした?

努力しなくちゃ!って思ってませんでした??

私は思ってましたよ、

「もっと頑張らなきゃ!」って・・。

 

頑張ることも努力することも、しんどいことに変わりはないんですよ。

でもありのままを認めることのほうが、もっとしんどかったんですね。

モケリン
モケリン

ほら、エルサだって、自分のありのままを見せれるまでに時間かかってたから、ありのままってしんどいんだわよね。

愛犬
愛犬

急に何の話やねん。

 

ありのままを受け入れるのは簡単ではないので、まずは、

  • 自分ができすぎるお母さんにならない(ダメお母さんになる)
  • マイナスの状況を受け入れてみる(ちゃんとマイナスを感じる)

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

モケリン
モケリン

まずは、この2つからスタートすることを目標にしてみます。

 「私は頑張った」と逃げないで、言い訳しないで、現状を受け入れる。

モケリン
モケリン

これだけで、子どもたちに呪いをかけずに済むそうです!

そして自分もラクになるので、良いことづくめですね!!

 

【まとめ『お母さんが幸せになる子育て』の感想】

 子育ては自分育て。

モケリン
モケリン

よく言われる言葉ですが、子どもを産んでから、この言葉を痛感しまくりです。

自分がいかにダメ人間だったのかと、毎日思い知らされてしんどい思いをしてきました。

 

そんな自分を責めてしまう世のお母さんたちに対して、心屋さんは本の中で

「できない自分を責めるのをやめてほしい」

と書かれています。

 

ダメでいい。

むしろダメになれ。

ダメな母親バンザイ!!

 

モケリン
モケリン

 そしてこんなことも書かれていました↓

子育ての問題は、「ほっとく」のが一番です。

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

 

子どもを放っておいたら、問題を起こすこともあるかもしれない。

しかし放っておかなくても「問題を起こすのが子ども」というのもまた、事実

モケリン
モケリン

現に私は口うるさく育てられたけど、問題児として育ちましたからね。エッヘン!

愛犬
愛犬

威張るところと違うで。

 

この本を読んで、一番強く思ったことは、

モケリン
モケリン

「子どもも大人も、お互い好きに生きたらいいんじゃないの?」

ということ。

 

心屋さんも本の中で

「はよ、あきらめなはれ」(京都弁)

『お母さんが幸せになる子育て』より引用

 ※子どもに期待することをやめよう、期待しても期待通りには育ちませんよ~という意味。(多分)

 

モケリン
モケリン

と仰ってますし、子どもに期待してアレコレ言うのをやめてみよ。

そんで、心屋さんの言う“ダメ母”というのをやってみます!

 

口うるさく言うのに疲れたお母さま、いらっしゃいましたら是非ともこの本を手に取ってみてください。

そして私と共に、ダメ母になりましょう。

モケリン
モケリン

え?イヤですか?

まぁそう仰らずに・・ねぇ?

 

コメント